blockchain_network

次世代取引所DEX。仮想通貨ガチ勢がDEXを選ぶ理由とは。

こんにちは。
今回は取引所についてです。
取引所は仮想通貨に関わるならば避けては通れない、よーく考えるべきモノの一つです。
実際にTwitterでのインフルエンサーや一部のガチ勢投資家の中には、DEXを使ってる人が結構いますね。

そんな訳で今日はDEXについて紹介します。


取引所のタイプ:CEXとDEX

現在主流となってる取引所のほとんどは中央集権型取引所です。
海外では、Centralized Exchangeを略してCEXと言ったりするそうな。

BinanceやBitfinex、CoinBaseといった、よく耳にする海外の取引所もCEXです。
特徴は中央となるサーバーが存在すること。
その中央のサーバーが全てを管理するため、中央集権と言われるんですね。

一方のDEXは非中央集権型の取引所で、Decentralized Exchangeの略称です。
このDEXはCEXの弱点を解決することを目指して誕生しました。
DEXはCEXとは異なり、中央となるサーバーを必要としないのが最大の特徴です。

CEXの仕組み

CEXでトレードを行うと、自分の保有資産として表示される数字は確かに変動します。
しかし、内部ではそうなってはいないのです。
あくまで取引所内のデータベース上ではそう見えるだけで、実際に自分の資産として自分専用の仮想通貨のブロックチェーン上に記録されてるわけじゃぁない。
みんな自分のウォレットのアドレスなんて知らないでしょ?
実際に自分のものとして確定するのは、CEXから自分のウォレットへと出金した際に起きるんです。

つまり、実際には取引所側の資産として、顧客全員分の仮想通貨が保管されているワケ。
悪意をもったハッカーに狙われてしまうのも当然です。
彼らに取ってはそれが仕事なんですから。
登山家のそこに山があるから登る的な話ですね。


繰り返されるCEXでの盗難

当然ながら運営側も安全に管理する方法を考えているんでしょうけど、今までの歴史を振り返ると難しそうです。
過去に起こった事件を数え上げると、それはもう、かなりの数になるんです。

thefts_list_of_crypto_exchanges

この業界はまだまだ若いし、コインチェックのように杜撰な管理をしている取引所がもう存在しないとは言い切れないですし。
日本に限っても、2015年にマウントゴックス事件を経験したのに、僅か3年でコインチェックで同様の問題が起きてるんですから。

DEXの特徴

ハッキングリスクが圧倒的に低い

DEXでは基本的に現物資産を預けておく中央が存在しないので、CEXのようなハッキングリスクは原理的にはありません。

サーバー障害に強い

P2Pベースの分散型ゆえにサーバー障害が起きにくいというメリットがあります。
その証拠に、ビットコインの分散ネットワークは開始以来まだ一度も止まったことがないんです。
DEXはその技術を利用して作られているわけなので、CEXよりもずっと安定していると言えます。
取引所のサーバーがダウンして、「取引ができない」なんてのは辛すぎですからね。

取引所との戦いは起きない

取引所の運営姿勢によるのですが、ノミ行為が行われている取引所は非常に多いです。
ノミ行為に関しての説明は省くけれど、「ノミ行為が行われる=ユーザーの不利益が運営側の利益」という構図になってしまうため、ユーザーとしてはあまり良いものではありません。
FXにおいて有名なのは瞬間的なスリッページの拡大や約定遅延・約定拒否など。
最悪なのは利益を上げているユーザーを排除する行為で、その際には色々と理由をつけて口座が凍結されちゃいます。
ほんとタチが悪い。

DEXではこうしたことが起きないため、取引する環境としてはずっと優れてると思いますね。
取引所とユーザーの関係性が敵対的ってのは、あまりいいもんじゃないですから。

個人レベルでのリスク管理が重要

一般的なウイルス対策は勿論のことながら、取引所のアカウントのパスワードロストに気をつける必要があります。
コインチェックやビットフライヤーでは、パスワードが忘れても本人確認でなんとでもなるかもしれませんが、匿名性が高いDEXではそうはいかないのです。

流動性の問題

現在の環境に置いては流動性はCEXが圧倒的に有利です。

有名なCEX/DEXの24時間取引高(単位:億円)
(記事修正時に調べた値)

  • CEX
    • Binance: 1200
       - Huobi: 798
    • bitFlyer: 32
    • BitBank: 50
    • Zaif: 3.1
  • DEX
    • Bancor: 4.2
    • IDEX: 9.1
       - WAVES: 4.4

現在日本最大となったBitBankと比べると、DEXは約10%〜20%ほど。
2018/4に調べた時は、最大でも8%程度の流動性だったので、比率的には随分と向上してます。

取引コストや処理時間の問題

一般的なDEXでは実際にブロックチェーン上に取引が書き込まれるため、そのためのコストがかかります。
ただ、BancorやKyberNetworkのように新しい方法でこの流動性問題をクリアするDEXも出てきています。

仮想通貨専用である

DEXでは仮想通貨同士のトレードを目的として作られているため、一般的には円やドルのようなリアルな法定通貨との取引(入出金)をする際にはCEXを使う必要があります。

政府による取引所の停止はおそらく不可能

昨年は中国政府によって中国国内での仮想通貨取引所の禁止するなんて話ありましたよね。
実はこれには続きがあって、大手取引所HuobiはそれまでのCEXとしてのやり方を捨て、本拠地をシンガポールへと移しDEXへの移行を探っているようです。
Binanceはケイマン諸島に移転するとか。
DEXはP2Pでの取引になるので、ネット自体を完全に止めない限り、政府による介入は不可能な模様。

政府による監視がない

DEXではアカウント作成に個人情報が必要ありません。
匿名性の高さで問題となっている仮想通貨ですが、事実的にその特性を求めて仮想通貨を買っている組織もいると思います。
タックスヘイブンの話題がすぐに火消しされてたのを考えると、DEXも同様な感じで今後も存在していくような気がします。

まとめ

DEXは既存のCEXが進化するかのように誕生しました。

クレジットカードでの仮想通貨の購入が禁止されたことで、法定通貨のゲートとしてのCEXの存在価値・役割は今後も残ると思います。
FX的用途にもCEXの流動性は必須だと思います。

でも僕としてはDEXの方に未来があるように思えます。
なぜなら仮想通貨は分散型コミュニティーを作るために作られた通貨でから。
だったら仮想通貨の取引所も分散型となっているほうがずっと自然じゃないかなってね。

Scroll to Top