マリオ、ルイージ、ヨッシー

ゲームとバーチャルアバターってのが実は大テーマな気がする

今回はゲームネタです。
なんでゲームかっていうと、Steamのサマーセールのせいですw
みんな何か買いました?


バーチャルアバターが凄い

なにそれって思う人も多いと思うから、まずは下の動画を見てみよう。

スマホ向けに開発されてるのがホロライブ。

【Android・iOS対応】【スマホでVTuber】ホロライブを使ってVTuberになってみた

PC向けのパワフルなのがfacerig。

The New FaceRig Live2D module preview!

こっちさすがPC向けって感じで、自分の好きなように物理演算処理をつけれるみたい。
例えば髪に動作を加えるとか。

こういうアプリを使えば、顔出しに抵抗感じる人でもYouTuberになれちゃうんだぜ?
「匿名性を好む日本人」ってのがFacebook初期の頃に話題になってた記憶があるから、日本人にピッタシな技術だよね!
しかもクールジャパンど真ん中の2次元キャラになれるっていうからね〜
これ絶対流行るでしょ。

そのうちアバター作家あるいはそれ系の企業が大活躍しだすんじゃないかってとこまでは想像できる。
造顔作家って言えばピンとくる人、結構いるでしょ。
それにこの技術ってYouTuberみたいな実況系だけじゃなくて、最終的にはVRアバターとかでも利用できそうな気がするんだよね。
間違いなくネット活動全体としてめっちゃ変わると思う。

ゲームの波が押し寄せる

ここで話は変わるんだけど、これからe-sportsがメインストリームになるって話があります。
ってのも、2024年のパリ・オリンピックではゲームがe-sportsとして正式種目になるんです。

最近ようやく日本でもプロゲーマーが誕生したばかりだけれど、どうもこの流れは本物っぽいです。
サッカーや野球もある意味ではゲームだから、分からなくもないです。
AbemaTVでもスポーツに並んでゲーム枠が用意されてるし。

そんなこともあってかTwitchに注力しだしたのがアマゾンさん。
ほんと早いです。
これまで実況動画ってのはニコ動の十八番だったと思うんだけど、ウカウカしてるとこれもアマゾンに取られちゃいそうな予感。
すでに迷走気味だし。
どうにか頑張ってもらいたい。

Twitchについて

Twitchは今の所、ゲーム実況を専門にしたサービスです。
特徴的なのがTwitch自体に寄付機能がついてること。
海外のを見てると結構寄付する人がいたりして驚いた。

そしてゲーム専門なだけに、ゲーマー向けの会員制度が用意されてたりします。
TwitchPrimeってやつ。
月額400円だけどAmazonプライムにも含まれてるとのこと。

この会員になると、
実況動画に割り込む広告をカットできたり、
毎月ゲーム内アイテムが特典でもらえたり、
実況で使われる文字が装飾できたりします。

アイテム特典が地味に効きそうな予感が。

Twitchの有名人

で、Twitchを開いてすぐ目に止まったのが、あのケインコスギ
プロゲーマーを目指してるのか分からないけれど、ガチで取り組んでるように見えた。
将来性を感じて始めたんですかね?

他にも夢みるアドレセンスっていうアイドルがいたり。
このところAKBは不調っぽいし、もしかするとこの子達がお株を奪っちゃうかもとか一瞬思ったり。
リアルタイムでずっと見てられる&好きなゲームの話題でアイドルと盛り上がれるってのは、間違いなく新しい体験じゃない?

それから当然っちゃ当然なんだろうけど、ウメハラさんも実況してました。


まぁこんな感じで、1990年台に開花したゲーム文化が、ようやく次のステージに向かおうとしてるように感じます。


まとめ

これからはゲームの時代な気がビンビンしてます。
e-sportsがYouTubeやTwitchでのバーチャルアバター需要を産んで、それがVRに繋がり、最終的にグルグルと良い循環ができあがりそう。
ボク自身ゲームはかなりやる方だったので(FPSですけど)、次世代の「期待大なテーマ」として監視入り。

オススメな銘柄あったらDMで教えてくださいww