waterfall

流動性は大事だぞ?流動性の特徴とそのワケとは。

流動性。
FXには板がないんで、FXから入った人ほどピンとこないワードでしょう。
でも、実は流動性を考えられるようになると、ずっと見え方が変わるんですね。
今回は仮想通貨を題材に流動性について焦点をててみます。


流動性ってのは…

流動性ってのはどれだけ簡単に別の資産に変えられるのかを表します。
理想な状態ってのは買った値段と売る値段の差がほとんどないことですね。
そしてそれが大量にさばけると、もっとイイ。

例えるなら1億円で買ったビットコインを、買ったその瞬間に再度1億円に戻せる状況だったら最高ですかね。
普通はスプレッドや手数料やらでかなり持っていかれちゃうんで、こうはならないですが。

ICOしたばかりのアルトコインを取引すると分かると思うんだけど、買った直後に売ろうとするだけで数%も損しちゃうことがあります。
逆にビットコインのようなメジャーなものだと、その価格差はかなり小さいし、出されている注文の数も多いから大量に売買できちゃう。
これが流動性ってやつです。

FXでは「売り」と「買い」の2つのボタンとチャートしか提供されないため、これを意識しにくいんですよね。
僕がそうでしたから。

資産の種類によって流動性は変わる

流動性は資産の種類によって変わってきます。
すでに説明したように、ICOしたばかりのアルトコインとメジャーなビットコインでは流動性は天と地ほどの差があります。

ビットコインは仮想通貨最大の時価総額を持ってるんで、ユーザー数も多いです。
ユーザー数が多ければ、取引所の板に並ぶ注文の数も多くなる。
したがって流動性は高くなるわけです。

同様に考えると、世界最高の流動性を誇る資産ってのはおそらくドルです。
基軸通貨ですから。
ドルとビットコインを比べてしまうと、流動性が高いと言ったビットコインでも、今度は圧倒的に流動性が低いことになるでしょうね。

このように一般に普及しているものほど流動性は高くなって、新しいモノほど流動性は低くなります。


資産の種類の違いによる流動性リスク

資産が違うと流動性が変わる。
そうすると今度は「流動性が変わるとどうなるの?」って話になるよね。

で、一番影響が出るのは値動きです。
ビットコインは株や為替と違って物凄い値動きしますよね。
さらにアルトコインはビットコイン以上に動きます。
つまり流動性が低いものほど、価値が安定しないんです。
これが流動性リスクってやつです。
他にも最初に述べたような取引のしやすさって意味でのリスクもあります。

でも流動性リスクが高いってのはチャンスでもあるんです。
なぜなら流動性が高いと値動きの激しさを嫌って大きな資本が入りにくいってのもあるし、流動性が低い理由自体が「あまり人に知られていない」って事を表してるので。

このように資産の種類の違いによるリスクってのは、デメリットでもありメリットでもあるわけです。

取引所によっても流動性は変わる

流動性は取引所によっても変わってきます。
これは取引所を何個か開設してみれば、簡単に分かります。
現状の仮想通貨の取引システムだと取引注文は取引所ごとに管理する仕組みが一般的なので、取引所ごとに出されている注文の量や価格は違います。
流動性の高い取引所があれば、流動性がほとんどない取引所もあるんですね。

流動性のほとんどない取引所なんかで短期トレードをしようものなら、一気にお金がなくなっちゃうんで注意しよう。

取引所の流動性リスクはショック時に牙を出す

これが最大の注意点。
流動性の違いで一番影響を受けるのが、相場が急落するショック時。
流動性がないんで、どこまでも値段が下がりやすく、他の取引所から見たら不自然な値動きをすることも。
この値動きのせいで、有りえない価格でストップ狩りされちゃうってのが、FXではよくあるんですね。
しかも最悪なのが、そのあと戻すってパターン。
これがショック時には結構あるんで、遭遇すると精神的にかなりきますよw

というように取引所による流動性リスクに関しては、あまりメリットらしいメリットはありません。
取引所だけは流動性の多い一番メジャーな取引所にしといたほうが絶対にいいですよ。

まとめ

流動性について知識がないってのは結構つらいものです
これまで「流動性が重要だ」と仮想通貨の取引所選定場面でやたらと書いてきたのはこういう理由からです。
流動性が低い取引所ってのは、値段もズレた値段になってる可能性が高いし、ショック時に至っては特にオカシイ値動きをするので知らず知らず不利な立場に立たされます。
ストップ狩りやら何やらで、最終的に被害を受けるのは結局ボクたち個人投資家です。
個人投資家ってのはかなり弱い存在なので、自衛するしかないんです。

取引所が増えることは結果的にはユーザーにとって良いことなんだけど、本当に利益を出すつもりなら、ちゃんとした取引所を選別したほうがいいですよ。

Scroll to Top