イワタニ 焼き上手さんα

イワタニの最強ホットプレート「焼き上手さんα」を全力でおすすめする!正直、万能過ぎて感動した。

今回はこの夏我が家にやってきたイチオシの商品を紹介したい。
岩谷産業から発売されてるカセットコンロ式のホットプレート「焼き上手さんα」です。
ホットプレートといえば電源コードがあるのが普通だけれど、この商品にはそれがないのです。
今回はカセットコンロに専用プレートをつけるという新しい発想のこの商品についてまとめてみました。


ホットプレートのくせにどこでも使える

ホットプレートは家の中では便利なアイテムなんだけど、外じゃ使えないのが難点なんですよ。
僕は天気のいい日にはベランダにテーブルを出して、簡易テラス的な感じでコーヒーをチビチビするのが好きなんだけど、時折料理もしたくなって何度か試したことがありました。

だけど、外に電源ケーブルを引っ張るのは地味に面倒なんですよね。
代わりにカセットコンロで頑張ってみたけど、風のせいでサッパリ使いものにならないっていうね。

イワタニ 焼き上手さんα 構造

そんな時ネットをさまよってたら遭遇したのがこちらの商品。
カセットコンロに専用のプレートを載せたホットプレートです。
どこにでも持ち運びできるホットプレートです。

コレです。
求めていた商品像とピンポイントで一致。

以下、使ってみた感想です。

隠れ機能としてそこそこの防風性能がある

専用に防風性を高めた商品ほどじゃないとは思うんだけど、地味に防風してくれます。
HPではここに関しては全く書いてないけど、個人的には結構このあたりが気に入ってます。

やっぱり隙間があるとは言え、囲いがあるのとないのとでは違いますわ。
ふつうのカセットコンロを外で使った時は、少しの風でも火が乱れてしまって火力が安定しなくて困ったものだけど、この商品では余程の風じゃない限り、料理ができなくて困るなんてことにはなりませんから。

室内でも野外でも、どっちでも使い勝手がいいってのはかなりポイント高い。


色々と簡単に済ませる

焼肉は野外で炭火でやるのが好きだったけれど、この商品の登場でもっぱらコッチを使うようになってきてます。
というのも、すべてにおいて「簡単」だから。
準備も簡単だし、火力の調節も簡単。
ガスが切れたら交換するだけってのも簡単でイイ。
もちろん片付けも簡単。
プレートはフッ素加工されてるから汚れもスグ取れる。
近場に洗う場所がなければ、新聞紙などで軽く拭き取っておけば大丈夫。

直下式で調理性能は高い

焼きで困るシーンはあまりないです。
蓋もついてるんで蒸し焼きもできます。
野外での料理の幅は格段に広がること間違いなし。

ただ、野外でパエリアとか作る時はテンション上がったんですけど、ちょっと火力が足らなかったかも。
どうも水気が多い料理とは相性が悪いように思います。

イワタニ 焼き上手さんα 料理リスト

変幻自在!プレートを外せば普通のカセットコンロに。

イワタニ焼き上手さんα ごとく付き

プレートを外せばただのカセットコンロに戻ります。
だから、そのまま土鍋をのせて鍋料理もできる。

カセットボンベって意外と長持ちする

1回あたり1時間くらい、長いときでも2時間いかない程度の使い方で、ボンベ1本消費するのに3〜4回かかりました。
最初はカセットボンベ代が意外と高くつくかな?とか心配したものだけど、杞憂だった。
結構持ちます。

BBQ用の炭だと1回あたり最低500円くらいかかるのに比べれば随分と安いです。
カセットボンベは安いものだと1本100円くらいから売ってるんで、1回あたりに換算すると30円前後。
コスパ良し。

最近なにかと災害が多いから、そういうときにも重宝するかもしれない。

焼けムラがあるのが最大のデメリットか

ガスの出る範囲が中心に偏ってる構造になってることから、温度にムラが存在します。
だから焼き餃子なんかは調理するのに若干コツがいる。

イワタニ 焼き上手さんα 餃子

こんな感じでプレート全面に餃子を並べるのはオススメしません。
この通りにやると端の方の餃子がなかなか焼けません。
そして水の量もいつもの感覚でやると失敗します。
全然蒸発してくれなくて、いつまで経っても水浸しのままになります。

コツは、いつもより水を少なめにして、並べる餃子の数もちょい少なめにすること。

お買い求めについて

公式HPには<販売ルート限定商品>と書いてあるため、現状だとネットで買うのが一般的なのかもしれません。

みんなの使い方

A post shared by ヤマさん (@yamasan.y) on

A post shared by ヤマさん (@yamasan.y) on