ABUSロック

ロードバイクの鍵問題。最強クラスのロック&アラームロックのコンボが最良だと思う。

はい、こんにちは。
今回は鍵についてです。
友人にYouTubeで自転車が盗難される瞬間の動画を見せられたせいで、コンビニとかに気軽に停められなくなってしまったので、ガチで考えてみました。


結論

結論から言うと、僕は強度の高いブレードロックと+αでアラームロックが良いんじゃないのかなって思ってます。
以下それについて話していきます。

基礎知識

完全に盗難を防ぐ術はない

まずはじめにコレ。
完全に盗難を防ぐには室内保存をするしかないです。
屋外ではどんなに良質な鍵を付けていたとしても、下見をするようなプロにはなす術がありません。

ただ、プロ以外の者には鍵はある程度有効です。
室内保存を徹底している人が対処すべきリスクはコッチですね。

タイプ別ではU字ロックが最強

U字ロック>チェーンロック>=ブレードロック>>>ワイヤーロック

調べまくった感じだと、鍵のタイプ別の安全度はこんな感じ。

ワイヤーロックはホントに簡単に切れます。
それもホームセンターで買えるような小型のペンチみたいなので。
高級自転車に乗る人は絶対に選んじゃいけないヤツで間違いない。


おすすめの鍵レビューサイト

参考リンク

Bicycle Security Lab

この方のブログはほんと凄い。
考える上でかなり役立ちました。
色んなブログやサイトを見てきたけど、実際に自分で破壊して検証してるブロガーは日本ではこの人くらいなんじゃなかろうか。

強固な鍵と評価されるABUSであっても、セキュリティランクが10未満のものは数分程度しかもたない模様。

ABUSの盗難見舞金制度について

このページでは結果的にはABUS製の商品を紹介しています。

ABUS製の一部の商品は、正規ルート品を適切に使用していれば、盗まれてしまっても見舞金を支払ってくれるという制度が設けられています。
会社としてはアマゾンで買ってほしいのか、アマゾンでの購入を前提に説明されてますが、アマゾンでは正規ルートじゃない商品も普通に売られているので注意が必要です。
当然ながら、その場合には補償がつきません。

ただ、そういった商品はかなりの割安価格で販売されているのも事実です。
補償対象の条件として「新車購入から3年までの車体であること」が記述されているため、長年乗ってる自転車用として新たに調達するような場合には、そっちのほうが断然お得ですね!

ベストな方法とは何か、考えてみた

ABUS BORDO 6000とアラームロックの併用が現段階の考え。
状況に応じて、この組み合わせを変更していくのがベストな気がする。

ブレードロックの、ABUS BORDOにする理由

決め手は持ち運びの容易さと強度のバランスです。

U字ロックはバッグを用意しないと持ち運びが難しそうなのが難点。
僕の性格上、買ったけれど登板されないってパターンに陥りそうな予感がビンビンします。

チェーンロックに関しては、その重さから体に巻きつけて持ち運ぶのが流行ってるようで、最初は「賢い!!!」っと思ったのだけど、実際にやってる人の声として、次のようなデメリットがあるそうな。
『チェーンロック自体がチェーンオイル等で汚れてしまうから、そのせいで服も汚れてしまう。』
うーん、これには抵抗を感じてしまいます。
じゃー車体に巻きつけようか?って思ったものの、今度は車体が不安定化するというデメリットが。
チェーンロックもあまり気が進まないですね。

それで本命のブレードロック。
これは持ち運びに関してはダントツの1位。
取付用の専用ソケット的なのがついてるんですね。
そして強度にしても、1万以下の安物だと、当然ながらU字ロックには負けてしまうのだけれど、それより上に位置するものは十分対抗しうる性能を持っている。
なので、ABUSのブレードロックシリーズであるBORDOから選ぶことにしました。

候補として挙げられるのは6500か6000。
これより下位のものは割と簡単に切れちゃうんで。
ちなみに6500はABUS最強のU字ロックと同セキュリティランクで最高の15。
ブレードロックだからといって必ずしも強度が低い訳ではないのです。

セキュリティランク一覧は↓の商品紹介ページ参照のこと。

参考リンク

ABUS ALL PRODUCTS

ABUS BORDO 6500にするか6000にするか

これは結構迷いましたわ。
このランクの商品を買う人にとっては、価格じゃなくて重さがポイントになってるはずで、その差は550gです。
6000がほぼ1kgなので、比率にすれば約50%増となる。
6500、めっちゃ重いっす〜

正直言いますと、これはもう個人の好みの問題ではないかと思います。

高級車でのロングライドをするような人や完全なる防御力が欲しい人は、妥協せずに6500を買えばいいし、あまり重いのは嫌だとか、比較的田舎に住んでるような人は重さと性能のバランスが優れてる(気がする)6000を選べばいいと思うんです。

当初の考えでは、盗まれてしまった時の後悔等のメンタル的なものを考慮して6500がベストと思ってたんですけれど、ここ最近は6000でも良いんじゃないか?と思うようになりました。
というのも、どちらを選んだとしても、盗まれやすい環境に駐輪してしまえば、やっぱり簡単に盗まれてしまうような気がするからです。
つまり、如何に取られないようにするかが重要なわけで、「鍵1つでどうにかしようとすること自体、無理があるのでは?」と思うようになりました。

そのため、その時々の状況に応じて使いやすそうなABUS BORDO 6000をメインで使うようになりました。

防御力を上げたい時にはアラームロックと組み合わせる

6000だけだと心許ない場面には、アラームロックを併用して防御力をアップさせます。

鍵を壊す際には必ず鍵に振動が加わるはずなので、「動かしたらいけない」という状況を作るってのは結構有効な手段なはずだからです。
旅先で安心してご飯を食べたりしたい時には、あると便利なアイテムだと思います。
また、これは「持ち主のフリをして時間をかけて切り取られてしまう」というパターンにも有効な対策法だと思います。

まぁ想定される場面としては、都内などの盗難リスクの高い地域や観光地などへ行く場合など、限定的な状況かなぁ。
ロードバイクが普通に鍵なしで置いてあるような防犯意識の低い地域においては、基本的に必要なさそうです。

ちなみに、ABUS BORDO Alarm 6000Aっていう6000にアラームを組み合わせたものも売ってるんですが、何かの拍子でアラーム機能が壊れた場合を想定すると、あまり気が進まないですね。
余計なオモリのついた6000、ということになりかねないので。

僕としては人による揺れを感知したら、スマホに通知もしてくれるようなアイテムがあると嬉しいんですけど、どなたか知りませんか?

(番外編) 盗難に関連する動画たち

ロードバイク盗難犯行動画

ワイヤーロックは小物のペンチらしきもので一瞬。

Bicycle Thief Shows Why It May Not Matter If You Lock Your Bicycle

ちゃんと考えてロックしないと意味がないという典型。

Bike theft compilation

こっちは色んなロックのテスト動画。
見て分かるように、露骨に大型なブツを振り回す輩にはなす術がない。

CBR600RRバイク盗難防犯カメラ映像(2009年2月24日京都市)

最後のはロードバイクじゃなくて、エンジンがついてる方のバイクの動画。
下見は確実にしてる感じだし、手際の良さ的にもこの手のプロなんでしょうか。
それにしても、大型バイクであっても、こんな簡単に持ってかれちゃうんですね。
ロードバイクはこれよりずーっと軽いんだから、難易度がどれだけ低いことか・・・。

Scroll to Top