thumbs_up

楽天の自転車保険が月額170円と超が付くほどオトク!


自転車事故の賠償金

昨日の自転車事故のニュース見ました?
男子大学生が自転車事故を起こしちゃったってやつです。
悲しいことに、相手の人はなくなってしまったようです。

自転車事故では、過去には9,521万円という賠償額がかなりの高額になったケースがあります。
今回もスマホ、イヤフォン、無灯火、っていう一般的にダメなことを全部やっちゃった上での事故なので、素人的な感覚だと結構ヤバ目な印象。

「俺はそんなヘマはしねぇよ!!」って思ってても注意しようね。
高齢で耳が遠くなってくると、なかなか自転車の存在に気づいてくれないんですよ。
後ろにべったりついてても分からなかったりすることも全然ある。
そんなもんだから、いきなり進路を変えられてぶつかってしまうなんてことも起こりうる。

今後は高齢化の波で、クルマを降りて歩行者に戻る高齢者がずっと増えるはずだから、「明日は我が身」って気持ちを持たないといけない時期に来てる気がします。

保険料が破格の安さ

楽天の「超かんたん保険」ってサービスのなかに、自転車保険が用意されてます。
この自転車保険の最大の特徴が、他社と比べて超がつくほどお安いってこと。
ほとんど1,000円超えは当たり前の状況下で、まさかの170円〜のラインナップ。
一番高いプランでも490円。
別に補償内容の質が悪いわけでもないのにこの価格は安いと言わざるを得ない。

中味は三井住友海上が手がけてる

こうも安いと逆に不安になるよね。

えぇ。
調べましたよ。

そしたら、この保険の引受会社はなんと三井住友海上って書いてあるのね。
普通に大手保険会社でした。
これなら安心できるってもんだ。


自転車事故のリスクは宝くじに似てる?

それで月額170円という金額から考えると、保険の仕組み的には、自転車事故自体のリスクってのは相当低いと思うんです。
ただ、もし人を死なせてしまうような事故を起こした場合はなかなかの被害が生じてしまう。
最悪の場合は人生一発KO的な状況になっちまう。

これ何かに似てるよね。
アレですアレ。
そう、宝くじ。
自転車事故って宝くじの逆バージョンみたいな状況になってるんですね。

そんなもんだから、僕は保険ってのは正直嫌いで、入らなくていいものなら極力入らない主義(というか保険が嫌い)なんだけど、今回ばかりはおとなしく入ることにしました。
自転車はそれなりに乗ってきたけれど、ロードバイクに関しては、買ってまだ1週間程度しか経ってない素人ですから。

プランは3つ。170円の節約コースにした理由とは?

  • 節約コース: 170円
  • 標準コース: 300円
  • 充実コース: 490円

標準コースは節約コースに生涯通院保険が加わったもの。
充実コースは、標準コースの補償額を全体的に増額したものです。
個人賠償責任保険っていう、加害者になった場合の補償額は全部同じです。

さぁどれにしよう?

ここで僕が考えたのは次のようなこと。
(あくまで僕の主観なので各自差っ引いて受け取るように。)

まず一番安いコースが170円っていうこと。
すでにちょろっと話したけれど、保険という金融商品を組成した側の見積もりでは、こんな安さでも問題なく儲けが出るっていう計算になってるはずなんだ。
ってことはダ。
この自転車事故で生じるリスクってのも相当低いはず。
つまり考えるべきことは、ほとんど起きない自転車事故の中の最悪のケースの場合だけ。
なので、加害者になった場合に生じるかもしれない多大な賠償責任だけを見ればいい。

そして、その補償額については、コースに関係なくすべて一律で同額です。
だったらもう選ぶべきは1つしかない。
170円の節約コースに決定!!

こんな感じで契約してみましたヽ(`▽´)/

以上、おわり!

Scroll to Top