船上 大嵐

マウスにも内蔵バッテリー化の波が来ているようで…


またもマウスの調子が悪い

このところマウスの調子悪かです。
今回の症状は、時々断線したかのようにPCとの接続が切れてしまうんだ。
ワイヤレスのくせに断線的な症状ってなんだよそれ。
(´・ω・`)

まぁね、もう4年目に突入してますから。
そりゃぁ故障しますわな。
しかもよく見てみると、サイドボタン部分のラバーが摩擦でか完全に消えてしまっていて、なぜか内側の配線までもが剥き出しになっている。
外見的にはもはや壊れてるようにしか見えない。
なぜ今まで気づかなかったんだろうか。
謎だ。
謎が謎を呼ぶとはこのことか。

そんな壊れマウスなのだが、まだ使おうと思えば使えそうな気もするから不思議なんだ。
でもまぁ、引退させることにしたよ。
かわいそうだ。

しかし、ついこの間の電池に関する話は、実のところはマウス側に原因があったのかもしれないな・・・。
さすがに訂正しないとマズイ。
これ書いたらやろう。

マウスの内蔵バッテリー化って誰得よ!?

ここからが本題。

僕はロジクールファンです。
PC歴20年を超えてしまっただけに、これまでゲーミングマウスを含め結構な数のマウスを使い倒して来ましたが、こんな僕から見ても、ロジクール製マウスは総合力では間違いなくNo.1だと思ってます。
もうマウス=ロジクールっていう脳内変換がオート展開するほど。
しかも、ロジクールが推してるunifying接続はbluetoothのような遅延もなくて使いやすいんだ。

ただ、気になることが1点。
今回はどんなマウスにしようか、と少しワクワクしながらラインナップを眺めていたところ、僕は気づいてしまった。
内蔵バッテリー多くね?
手持ちのM705tを買った4年前は、さすがにここまで多くはなかったはずなんだが・・・
どうやらマウス界隈にも内蔵バッテリー化の波が本格的に訪れてしまったっぽい。

儲かるのは分かるんだけど、ほんとやめてほしい。
間違いなくボクみたいな4年も買い替えしないユーザー向けの対策としか思えないよ。
スマホみたいに『バッテリーの死』で買い替えを促進させる下心が見え見えで困る。
それに、これ以外にもちゃんとした理由もありますし。

今のマウスは一度電池を入れれば3年間持つっていうスーパーエコでスバラシイ仕様になってるんだよ。
それをだよ?
最新の製品は内蔵バッテリーにわざわざ仕様変更して、「最長90日持つぜ!!!」と謳っているんだ。
これはさすがの僕も意味が分からないヨ。
明らかにというか、物凄く短くなってるじゃないか。
ただの劣化にしか思えない。
今の時代どこにでもコンビニがあって、乾電池なんてすぐ調達できるのに・・・。
どうしてこうなった。

もう一度いいたい。
ほんとやめてほしい。


選択肢が限られる

M705tがかなりのお気に入りマウスだったので、今回はそれより上のランクのものを所望していました。

一応、最低限なポイントを挙げてみる。

  • 乾電池駆動
  • 8ボタン式
  • Unifying接続
  • 持ちやすさ

たったこれだけなのだが、悲しいかな、選択肢がほとんどない状態でした。
悩める相手はM705tの後継であるM705mとM720のたったの2つだけ。
しかもM705mはサイドボタンが減ってしまっていて、サイレント下方修正的な製品になっちゃってる。
つまりM720しか選択肢がない。

あぁ、これはもうどうしようもないよね。
ないのだから。
迷うことなくM720をポチりました。
明日届くらしい。

まとめ

ほぼほぼ愚痴っぽくなってしまい、書き終わってから『公開するのを辞めようか?』とも考えたんだけど、こういうユーザーがいることも知ってもらいたくて公開してみました。
次の買い替えタイミングでは乾電池式が増えてると願いたい。
それか技術進歩で1回の充電で1年くらい持つようにして欲しい。

おしまい