ledger nano s

LedgerNanoSを手に入れた。

こんにちはこんにちは。
約2週間ぶりの投稿です。
今回はタイトルの通り、ledger Nano Sというハードウェアウォレットを入手したので、そのことについてチョロっと書いてみました。


Ledger Nano Sとは?

Ledger Nano Sとは、フランスのLedger社から販売されている仮想通貨用のハードウェアウォレットです。
ハードウェアウォレットに関しては、Ledger社の他にはTrezor社が有名らしい。
まぁ僕はなんとなく、デザインが好みのLedger社のものにしてみた。

専用アプリLedger Liveはなかなか使いやすい

ledger live サンプル画面

Ledger Liveという専用アプリが用意されていて、導入も簡単。
思った以上に便利ですね。
対応OSはWindows,Mac,LinuxとオールOK。
このLedger Liveというアプリが登場する以前は、結構面倒な仕様だったらしいんで、かなりタイミングが良かったっぽい。
個人間の送金や受取に関してはこのアプリだけで十分で、取引所を使いたい時だけ取引所のアドレスへ送金すればOK。

また、つい先日ですが、Metamaskとの連携が公式にサポートされるようになりました。
これによって、Metamask利用が前提のDappsでもトークンを安全にそして簡単に管理することが可能となったので、イーサリアム系のDappsを弄ってる人にとっては、かなり利便性が上がったと思います。
ほんとタイミングが良かった。

専用のケーブルじゃないと認証してくれない?

ただ1点だけ注意事項。
当初、ケーブルはどれも同じだろうと、安易な気持ちでスマホ用のケーブルでPCと接続してたんだけども、それだと全然Ledger Nano Sを認識してくれないんですね。
壊れたかと思ったよ。
で、結構ググった挙句、たどり着いたのがケーブル。
付属のケーブルに替えたら一発で接続ですわ。

どうもオカシイ、と思ったらまずはケーブルの確認を。


何故いまごろ導入したのか?

最大の理由はZaifの例の件。
コインチェックに続いてZaifもやられちゃうとなると、さすがに怖くなっちゃったよ。
(´・ω・`)

それに僕が使っていたBancorというDEXでさえ、今年になってからハッキング事件が起きちゃってますからね・・・
僕の仮想通貨への投資金額もそろそろ無くなると困る金額になってきたんで、いい加減導入しとこか、って感じです。

買うなら、代理店でなくLedger社から買おう

Ledger社から直接買ったほうが安いです。
フランスからの個人輸入になるんだけど、送料は無料だからね。
難しいのは、英語での自分の住所の書き方くらいか。
まぁググれば済む話だし、ほんとクレジットカードって便利だわ。

参考リンク

Home - Ledger

おしまい

Scroll to Top