固定ローラー台 MINOURA LR240 LiveRide

【レビュー】固定ローラー台「MINOURA LR240 LiveRide」を使ってみた

実は3月上旬から、来たる花粉シーズンに向けて、固定ローラー台を導入していました。
そろそろ2ヶ月になるので、その感想をまとめてみるよ。


MINOURA LR240 LiveRide とは?

ミニベロ向けに唯一作られたローラー台とはこれのこと。
他には存在しないという。
負荷調整はリモコンから操作でき、7段階の調整が可能。
適合ホイールサイズは18インチ(17インチ369含む)から20インチ(451)まで。

クイックリリースを付属のものに替える必要があるのが注意点。

音や振動について

音は結構響きます。
時速30kmを超えてくると、やっぱりうるさいですね。
僕はよくドラマを見ながら走ってたりするんだけれど、ボリュームレベルをあげないと何を言ってるか分からない時がある程度にうるさいです。
少なくとも静かではないです。

振動についても、速度が上がれば結構気になります。
低速で乗らない場合は、最低限の対策をしないとトラブルになりそうな具合。
とりあえず、うちの人が使ってたトレーニングマット(?)を拝借して、100均のマットを追加してみましたけど、ちょっとなんとかしないといけないレベルでダサい。
要検討。


タイヤについて

タイヤは結構摩耗します。
乗り方の問題なのか、当時使ってたタイヤのせいか分からないけれども、思った以上に削れます。
2回に1回は掃除してたと思います。

これはおそらくミニベロということも影響してるはず。
ふつうのロードと比べると、同じ速度であっても余計に回転してるんで。

一般的にはローラー台用に作られた専用のタイヤってのが売ってるんだけれど、ミニベロにはないのが痛いです。
で、どうしようかなーと悩んでたら、良さ気な解決法を取ってる方を見つけたので、ちょっと真似してみました。

タイヤ摩耗への対策はビニールテープか

固定ローラー台 タイヤの摩耗対策 ビニールテープ

こんな風にビニールテープをタイヤに貼り付けます。
こうすると、少しペダルの回した感覚が変わるものの、確かにタイヤが削れなくなるんで、思った以上に良い方法なのかも。
どこかが壊れるような、そんなデメリット的な気配もないんで、まぁいいかなと。

いずれはローラー台専用のホイールとして、もう1つ準備しとこーかなーとか思ったりしてます。

負荷レベル調節機能について

負荷レベルを上げると、確かに重くなるんで、負荷レベルを下げずに静かに乗るという意味で使えそうです。
ただ、タイヤへの負荷も増大するんで削りカスがすごいことに。
ということで、最初以外はほとんど使ってません。

まぁ今ではタイヤにテーピングするという裏技を覚えたんで、時速30kmキープが余裕に感じられるようになったら、1段あげてみようかな。

ぶっちゃけ買って良かった

最初は本当に貧脚そのもので、1時間も走ってるともう足がパンパンで・・・。
速度も全然出ないしさ。
時速25kmキープくそツライ、みたいな。
でも、さすがに2ヶ月も経つと慣れますね。

今なら登りきれなかった坂も攻略できる気がする。
GWが待ち遠しい( ・ิω・ิ)

ちなみに、ローラー台の1番のメリットと感じたのは、ずっと同じ速度をキープする練習ができるってとこだと思う。
路上だと必ず信号が入ってしまうし、同じコンディションの道って意外とないから。
次点で、天候気にせず好きな時に乗れるってところかなー。

おしまい

Scroll to Top