ubuntu_logo

Ubuntuを使う理由。そう、WindowsでもなくMacでもなくUbuntuなんだ。


OSを取り巻く状況

いまはネットの時代です。
ほとんどがWEB上で完結するようになってきてるから、必要なOS固有のソフトも減ってきてる。
実際に今のメインPCにはUbuntuがインストールされてるんだけど、使ってるソフトウェアはほぼ全てがオープンソース系のものです。
それでも特に困ることはありません。

こういう時代性を的確に表してるのが、WindowsによるLinuxの吸収。
Windows Subsystem for Linuxってやつ。
最近のWindowsはUIをMacに似せてきていたけれど、今度はシステムレベルでもなんとかしちゃおうとしているように見える。
さらにはオープンソース文化の中心地のgithubを買収したりと、明らかにこれまでとは違う雰囲気。

今後もネットの世界は充実してくと思うんで、OS自体の垣根はどんどんなくなっていくのかもしれない。
実際に下の動画で見ると分かるように、Linuxもだんだんと美麗GUIになってきていて、カスタマイズによっては簡単にMacのようなGUIにすることも可能になってます。

Linuxのメリット

ソフトウェアの導入がラク

最初はコマンドでインストールするってのが面倒と思ってたんだけど、慣れるとものすごい楽です。
いちいち目的のWEBサイトに行ってインストーラーのダウンロードをする必要がなくて、一回コマンドを打てば自動で完了させてくれる。
それに最近だとAppStoreのようなソフトウェアセンターが標準で用意されてたりするんで、「コマンドなにそれ」な人でも使えるようになってる。
OSのインストールにしてもGUI付き(Ubuntuに至っては日本語)なんで、WindowsでOSのインストールをやったことがある人なら問題ないレベル。

敷居は随分と下がってます。

自作できる

Macは好きなんだけど、好きな構成でPCを作りたい自分にとってはどうしても受け入れられなかった。
自作PCはコスパもそうだけど、好きなメーカーのパーツを使えるってのが一番大きい。

セキュア

世の中のほとんどの人がWindowsを使います。
だからウイルスのほとんどがWindows向け。
個人でLinuxをメインで使ってる人なんてほぼいないので、狙われることは圧倒的に低い。
それにLinuxはOSの権限管理がしっかりしてますから。

OSが無料

最近のLinuxってグラフィックも操作性もかなり向上してて、インストールも簡単なのに無料です。
「これが無料でいいの?」って疑問に思うほどの完成度だと思うんだけど、やはり無料。
オープンソースライブラリにしてもそうだけど、「この業界の人間って優しすぎない?」って思うことが多々ある。
普通だったら絶対おカネ取っちゃうよね。
ずっと使ってるけど本当に不思議です。

設定がカンタン

Linuxを使ってて思うのはMacのように設定がシンプルなこと。
Windowsみたいにアチコチ探し回る必要もないし、分かりにくい記述も少ないです。

アップデートが優秀

Windowsアップデートのようにイライラすることは、ほとんどないです。

デスクトップ環境がたくさんある

デスクトップ環境ってなんぞ???ってのが最初の感想だった。
Linuxってのはデスクトップ環境が自由に選べるようになってて、その種類も結構豊富です。
Macのようなアニメーションごりごりのモノから、Win98レベルのものすごく簡素なモノまで色々あります。
ボクはPCスペックにかなり余裕があるからGNOME3をもっぱら使ってて満足しているんだれども、玄人さん的にはあまり評判がよくないっぽいw

まぁコトバで聞くより見たほうが分かりやすいと思うので、せっかくなので代表的なモノをいくつか紹介するよ。
いまのLinuxってのがどんな感じなのか、これで少しは掴めるんじゃないかな。
ちなみにGNOMEとKDEがLinux界の双璧です。

GNOME3

Manjaro GNOME Edition 17.1.8 overview | Enjoy the simplicity

見ての通りMacっぽさが漂うデスクトップ環境。
アニメーションも豊富で見た目がおしゃれ。

KDE

Manjaro 17.0 KDE Edition – See What’s New

GNOMEと同じ立ち位置にあるモノだけれど、こっちは見た目がよりWindowsに近い感じのデスクトップ環境。

XFCE

Xfce 4.12 Stable Review (Xubuntu)

CPUに負担がかかる無駄な機能を極力排除したシンプルがウリのデスクトップ環境。
GNOMEやKDEと比べちゃうとどうしても古臭いけれど、CPUやメモリを圧迫しないっていうのはメリット。

MATE

Ubuntu MATE 18.04 LTS – See What's New

GNOME2から派生したデスクトップ環境。
GNOME3とXFCEとの中間に位置する感じで、軽量系のくせに見た目にもチカラを入れてる。
LinuxMintの標準デスクトップ環境になってるんで使ってる人も結構多いと思う。
実際使いやすい。


まぁ要は表の顔みたいなもんです。
中身は一緒なんだけど、表面的な部分が違うみたいな。
今回は4つ紹介してみたけれど、まだまだいっぱいありますよ!


Linuxのデメリット

基本的にLinuxでのデメリットってのはWindowsで使えてたソフトが使えないってパターンが多いです。

Officeソフトが微妙

libreOfficeってのが有名だけれど、使い勝手はそこそこです。
個人で使うなら問題ないレベルだけど、会社や学校などのチームワークが要求される状況では使う気にならないかなぁ。
やっぱりMicrosoftOfficeとの互換性を考えるとキツイと思う。
それでもLinuxでなんとかしたい場合は、クラウド版のOffice365を使うのが良いと思います。

株のトレードソフトがない

需要あるか分からないけれど、僕のメインな部分なので書きます。
FXはDukascopyがLinux向けにクライアントソフトを出してて問題ないんだけど、日本株は全然なんですね。
海外系ではInteractiveBrokersのように対応している業者もあるんだけど、国内系はWindowsばかりで全滅です。
唯一、楽天証券がMac版を出してくれてる状況です。
可能であればLinux向けにも出してくれるといいんだけどなぁ。

ゲームは冷遇されてる

Steam上にはLinuxに対応してるゲームもあるとはいえ、ほとんどがWindow向けです。
国産ゲームはほぼ全滅です。
しかもパフォーマンス的にもWindowsの方が高くでるように調整されてるっぽくて、ゲームをガチでやるならWindows一択なのかな。
おかげでインディーズ系ゲームばっかりやるようになってしまった。
ホロウナイトとか7DaysToDieとか、結構おもしろいよ!

ディストリビューションはUbuntu推し

今はUbuntuをメインに使ってるけれど、その前は色んなディストリビューションを使ってました。

Linuxのディストリビューションってなんぞ?

Linuxにはディストリビューションという言葉があります。
これはLinuxの種類みたいなものを表す言葉で、つまりはLinuxというのは実際のところは総称であって、僕らは色んなディストリビューションの中から好きなモノを1つ選んで使う訳です。

このディストリビューションってのは、各開発プロジェクトチームが「俺の考える最強のLinux」的な、ある種の思想を元にして、ソフトウェアをパッケージングしたものです。
そこにはUbuntuやその派生元のDebianとか、ArchLinux、Fedora、OpenSUSEなど沢山存在しています。
それはもう沢山ありすぎて書ききれないほど。
中にはハッキング対策用のKaliLinuxなんてのもあったりと、それぞれ得意なものが違います。
それら無数にある中から、自分の用途に合いそうなディストリビューションを選びましょうってことですネ。

なお、ディストリビューションによってはデスクトップ環境も選べるようになってたりします。

ローリング・リリースのArchLinuxやManjaro

ボクはArchLinuxとかManjaroが採用している「ローリング・リリースで常に最新のソフトにできる」っていうのに惹かれて、一時期使い込んでました。
望むソフトウェアは大抵AURを探せば存在していて、なかなか便利だったんだけれども、時々アップデート後にバグったりするのね。
そうすると元に戻すのに、やたらと時間がかかってかかって…。

ボクは別にLinuxの専門家になりたくてプログラミングとか始めたつもりじゃないから、この処置に時間を取られちゃうのが本当にツラかった。
これが1回ならいいんだけど、何回か続いたり、どうしても治らなくてクリーンインストールでゴリ押しで治すってこともあったりして、まぁとにかく疲れちゃった。
要はただの技術力不足です。
でもこういうのが続いてると次第にローリング・リリースである必要性も感じられなくなっちゃって、コミュニティの規模が国内最大のUbuntuへと戻ってきた感じです。
UbuntuはLTS版を使えば5年は安定して使えるし、もうそれだけで十分かなと。

Ubuntuの公式リポジトリは事前にちゃんと検査されてるからか、今のところバグって困るなんてこともなくなりました。
コミュニティがデカイんで、検索かければ何かしら情報出てくるってのも便利です。
実際Ubuntuにしたことで面倒なことは圧倒的に減りました。
本業に集中したい&Linuxを使いたいって人は、とりあえずUbuntu選んどくべきと思ってます。

とはいえArchとか他のディストリビューションでの経験は、Linuxの世界に慣れ親しむのにはかなり役立ったとは思います!

P.S.

ここまで読んだ方なら既に分かると思うけれど、僕はWindowsがあまり好きじゃないです。
XPの頃はバリバリカスタマイズしてオンゲーやってWindows最高!とか思ってたんですがねw
まぁ今でもゲームやりたさにWindowsに戻ろうかなーって考えることもあります。
でもWindows特有の設定の面倒くささやWindowsアップデートのどうしようもなさを思い出すと、鬱に似た嫌な気持ちになってしまって未だにLinuxです(汗)