brave_rewards_logo

Braveパブリッシャーに世界の大手新聞社あり。ガーディアンやワシントン・ポスト、LAタイムズは既に登録済みだった。

少し調べてみたところ、世界的に有名な新聞社がBraveパブリッシャーとして既に登録されていました。
インチキくさいと思われているであろう仮想通貨ですが、BraveのBasicAttentionTokenネットワーク内には、かなりまともな主体も存在している模様です。
なお、日本からはテック系でお馴染みのGIGAZINEも既に登録済みでした。


世界のニュースメディアのランキングで調べてみた

さて、今回登場した新聞社ですが、想像通りかなりの発信力を伴った新聞社です。
そこで、この3社がどの程度の影響力を持つのかということを考えるために、アクセス解析を手がけているSimilarWebの「世界の上位 News And Media」のデータを調べてみました。
おおよその参考値になる気がします。
PV数は2019年4月の値です。

ガーディアン(The Guardian)

ランキング: 27位
PV数:2億8450万

1821年創刊。
スノーデン事件で有名なイギリスの新聞社。
イギリス国内での新聞シェア数はそれほどではないものの、世界的なメディアとしてのチカラは異様な高さ。

ワシントン・ポスト(Washington Post)

ランキング: 44位
PV数:1億6000万

1877年創刊。
首都であるワシントン最大の新聞で、国家政治に重点を置き、米国内では発行部数6位につける。
2013年にAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスによって買収された。

ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)

ランキング: 242位
PV数:3770万

1881年創刊。
米国内での発行部数は4位。
ニューヨーク・タイムズに次ぐ規模。
ワシントン・ポスト同様、昨年中国系の大富豪によって買収される。

まとめ

今回は大手新聞社ということでしたが、パブリッシャー登録の全体数はかなり加速しているようで、直近のニュース記事によると、その数字は既に10万を超えているとか。
昨年の年末時点では2万程度だったので驚異的な伸びです。

Brave Rewardsへのパブリッシャー登録に興味がある方は↓よりどうぞ。

おしまい。

Scroll to Top