wordpress ロゴ

WordPressでブログをやるメリットデメリット。使って実感したことをまとめてみた。

かなりザックリ書きましたが、ポイントは抑えているはず。


WordPressの良いところ

良いところに関する共通のキーワードは「量」。

テーマが豊富。コードが一切分からなくても、それなりにカッコイイサイトが作れる

WordPressはテーマを変えれば、見た目をガラリと変えることができるようになっていますが、そのテーマの数は膨大。
また、完全に無料なものから有料のものまで様々で、テーマの選択肢の数としては間違いなくNo1。

テーマ固有のショートコードなどを記事内で使用していなければ、テーマ変更も気兼ねなく自由自在に行えるんで、そういった意味でも非常に柔軟性が高いシステムですね。

プラグインも豊富。やりたいことの多くはプラグインでほぼ実現可能

WordPressの歴史がかなり長いことから、かなりの量のプラグインが存在しています。
少しググるだけで、自分が必要としているプラグインを簡単に見つけることはWordPress最大のメリットだと思う。
一般のブログサービスがやっていないような先進的な機能であってもプラグインで導入可能なのも◎。

適当に作っても、とりあえず動いてくれる

テーマを選んだら、WordPressの操作画面でボタンをポチポチしてるだけで、すぐに動いてくれます。
サイトのデザインにしても、テーマを選ぶ段階で自分の好みのモノを選んでおけばいい話なんで、デザインが苦手な方でも手軽に使えてしまうというメリットはありますね。

あとはSEOの設定をするだけで、最低限の状態まで持っていけますよ。

SEOで有利

SEOに対応したテーマを選択し、SEO対策用プラグインを使うことで、SEOに強いサイトにできます。
ただプラグインについては、SEOの知識がないと分かりにくい側面もあるので、勉強は地味に必要。

日本語の情報が多い

ググれば何かしら情報が得られます。
しかも日本語で。
これまで結構プログラムを書いてきたけども、これだけの情報が日本語で存在してることはそうそうないです。
そういう意味でも敷居は低いように思う。

WordPressのダメなところ

テーマの質がマチマチ

無料なのに物凄くレベルの高いテーマが存在すると思えば、有料でこの程度なの?と思えてくるテーマがあったりと、必ずしも質と価格が釣り合ってる訳じゃないのがWordPress。
テーマがザルだとセキュリティ的にもパフォーマンス的にもどうしようもないので、よーく考えて選ぶ必要が出てくるんですが、これが最初は分からないんですよね・・・。

プラグイン頼りのサイト制作は重さの原因に

プラグインは便利です。
でも、プラグインを詰め込みすぎると、サイトの表示速度が段々と遅くなっていく。
SEO的にはサイトのスピードは重要なので、プラグインをどうするかが多くのWordPress使いの悩みの種ですね。

構造的にセキュリティが不安

以下の要素が絡まり合って、ハッカーさん達には非常においしい案件になっています。

  1. WordPressはユーザーシェアが非常に高い
  2. WordPressの手軽さから、技術力や知識レベルの低い運営者も多い
  3. メンテの止まったプラグインが穴になりやすく、それが意外と多く存在する
  4. データベースを使った動的サイトであること

特にプラグインが厄介です。
WordPress側はセキュリティ対策などの理由もあってか、割と頻繁にバージョンを上げていくんですが、使用しているすべてのプラグインがそれに対応してくれるとは限らないんですね。
プラグインの中には制作されてから1年間ノーメンテで放置されるプラグインも割と多く存在していて、そういうプラグインを使用していると、結果としてサイト全体のセキュリティレベルが押し下げられてしまうことになる。
プラグインを選ぶときには、メンテナンスが定期的に行われているかどうかをまずチェックしておこう。

当然だけど、PC同様、セキュリティ対策は必要ですね。
このブログでさえもログを見れば時々アタックされてるのが確認できるくらいに、不正アクセスは多いんだと思う。

書くことだけに集中するのは難しい

サイトを構築したての頃は良いものの、その後は定期的なアップデート作業が待っています。
プラグインのメンテ状況次第では代替プラグインを探す必要があったりと、地味に面倒くさいのが正直なところ。
それを放置しても大丈夫な場合もあるんだろうけど、ほんの数年前には日本全国で大規模なサイトの改ざん事件が起きていたということからも、注意しすぎることはないはず。

コードが扱えないと、天井が浅そう

コードが書けないと、できることはテーマとプラグイン次第です。
もし凝った要素を加えたいなーと思った場合、通常はプラグインを使う訳ですが、既に述べたようにプラグインにはデメリットも存在します。
プラグインを使う際には常にメリットとデメリットを天秤にかける必要があって、WordPress=万能とはいかないのが実際の姿です。

必要な処理が確定している場合は自分で実装した方が確実に速く動くし安全性も高いことから、コードが書けたほうが良いことは言うまでもないです。


中立な部分

サイトの速度は使い方次第でどうとでも変わる

WordPressは動的にHTMLやCSSを生成するシステムなため、基本動作が遅いと言われたりします。
ただ、テーマやプラグインを厳選し、適切にキャッシュを設定すれば、意外と高速に動いてくれます。
しかし、何も考えずに使ってしまうと、どうしても遅くなりやすいです。

コストについて

よく候補にあげられるはてなブログProと比較してみました。

WordPress向けのレンタルサーバーは既に市場が成熟しているためか、他のCMS等と比べると圧倒的に安い価格で提供されてます。
例えば、いま僕が使っているサーバーでは月額500円からで、当然このブログは月額500円です。
驚きなのが、この価格でPV30万まで対応していること。

これに対して、はてなブログProは2年契約の場合、月額1000円のところを600円まで圧縮でき、PV数に関しては無制限という仕様。

価格だけに注目すれば、ドメイン費用は共通の出費となるので、この段階でのコストは大差ないことになりますね。
PV数も30万PVを超えるブロガーはそれほど多くないので、考慮すべき対象でもないと思われます。

なので最終的に考えるポイントは、

  • できることの多彩さのWordPress
  • 維持管理が簡単かつアクセスを増やしやすいはてなブログ

という二択になりそう。

ひとこと

なんでもそうだと思うんですけど、WordPressもよく計画を建てて使えば便利なツールです。
カスタムしまくれる技術と根気がある人にとっては、WordPressは強い味方になるはず。
ただ動的サイト故にWordPress自体のアップデートは止められないので、半永久的なアップデート作業が存在するのは個人運営としてはツラいかなぁ・・・と最近思い始めている次第。

おしまい

Scroll to Top