Aya sofia

急遽トルコに行くことになりました

つい1週間ほど前のことです。
ここ1ヶ月くらい大学時代の友人と連絡を取るようになっているんですが、その彼が言うんですね。
遊びに来ないか?と。

たしかに僕も今年は旅行をする予定で計画も建ててはいたんですけど、トルコですかー。
まったく想定してなかったです。

いつもなら「遠い」とか「高い」とかで突っぱねてたんですけど、今回は色々な「タイミング」の観点から行くことにしました。


トルコリラが歴史的な安値圏

トルコリラ

これは外せない要素。
どこまで下がるのか?と不安になるほどの下落っぷりを現在進行形で演出中のトルコリラです。
全然ウォッチしてなかったのでトルコリラが売り込まれてる背景についてはちゃんと調べる必要があるとは思うんですが、「安い」というのは旅行する上ではかなり大事なポイントだよね。

まぁ円が特別買われまくってる訳ではないんで、高級価格帯の旅行をしようとすると何も変わってなかったりしそうですけどネ。

世界情勢が不安です

米中貿易戦争とか冷戦とか、アメリカとイランの関係悪化とか。
今年に入ってというよりかは、年々世界情勢について嫌なワードが増えてる気がしています。

ほら、見てくださいよ。
この外務省の出してる危険情報マップ。
トルコ 危険マップ
トルコをぐるりと有色な国々が囲ってるんですよ。
見ての通りトルコは中東への入り口的なポイントに位置してるんで、「もしかすると今を逃したら行きにくくなるのでは?」とかね、素人的な考えが浮かんだりしたの。


数少ない友人が誘ってくれている

これまでにも何度か誘われていたんですけど、いかんせんカネがなかった。
ここ数年に至ってはカネが増えてきているものの、そうそう簡単には自信は持てないですし。

やっぱさ、投資なんてカッコよく言ってるけれど、こんなの所詮マネーゲームですよ。
どこまでいっても勝つか負けるかのギャンブル。
一応、何故利益が生じるのかを理論立てた上で実行しているのだけれど、これだってもしかするとただのマグレ勝ちが続いてるだけであって、再現性は全然担保されてないのかもしれない。
こうした不安は当然あります。

でもこんなことを考えていると、一生お金を使うことはできそうにないんですよね。
てことで、せっかくのお誘いは大事にしたい。
(フラグです)

そもそも今年は暇っぽい

何度か書いてるんですけど、今年の相場はどうも相性が悪いです。
昨年までの相場とはどうも雰囲気が違う。
アベノミクスの1期が2015年8月までとすると、去年の半ばまでが2期で、今年は令和にもなったしおそらく3期入りしてるんじゃないかな。
この3期が上昇するのか下降するのかは、衆参同時解散があるとの観測記事が出ているのもあって現段階ではサッパリ分からないですけどね。

ただ、僕個人に限ってはしばらくやることなさそうな感じです。

Scroll to Top