石 トレーニング アート

本気で肉体改造はじめマッスル

こんにちはこんばんは。
旅行記そっちのけで読書にふけっている僕です。
で、今日こそ旅行記を!と思っていたんですが、またも仕上がったのは健康ネタでした。


バックパックは平気だった

バックパックって重いんですよ。
今回の旅行では10kgとか。
それを背負って行動するってんだから、肩こりマンの僕としては正直不安で仕方なかったのです。

でも実際に旅行してみると、不思議なことにバックパックってのは全然平気で、むしろ腰の方に少し違和感を感じたくらいで済んじゃった。
つまりこれは完全に『良かった話』です。
これも昨年から少しずつやってきた運動の結果かなと思ったんですけど、どうやらそれは少し違うっぽい。

帰国したら数日で肩がこった!

帰国して、すぐオシゴトに取り掛かりました。
もう旅行というか『遊び』ってやつに不慣れってのもあって、早くPC前に戻りたい感が半端なかったんですね・・・
それで旅行中に突然エラーを吐いてくれたプログラムの修正とか、マーケット状況やニュースなど色々チェックしたりしてたの。

そして1週間くらいかな。
いつもの奴が復活です。
忌々しき『肩こり』。
どうやら重いバックパックを背負うのは何ともないけれども、ひたすらキーボードを叩くのはダメらしい。
まぁ今回は肩こりでダウンした訳でなく、まだ少し肩に違和感がする程度なだけど、これを放置して更に作業に専念したりすると、間違いなく何もできないダウン状態になるヤツ。
あぶない、あぶない。
(´ω`)


VDT症候群のなかの頸肩腕障害

調べていくと、どうやら僕の症状はVDT症候群に該当するらしいです。
このVDT症候群のなかに頸肩腕障害ってのがあって、コレが本丸っぽい。

参考リンク

VDT症候群 - Wikipedia

で、原因について要約すると、デスクワークのしすぎ、運動のしなさすぎ。
一応姿勢に気をつけたり、休憩をしっかり挟んだりすると緩和されるみたい。
でもこればっかりは、PCの使用に時間制限を設けるくらいしか、ダイレクトな予防法はない気がする。
やっぱり長い時間やってると座り方も自然と悪くなるしさ。

肉体改造、始めました

というように、今後は時間が余ること、そして運動が必要なことが明確になってきました。
てことで、本格的に肉体改造をすることにしました。
今までも、腕立て伏せとかロードバイクで時々運動はしてたんですけど、今回はちゃんとメニュー組んでやろうかな、と。

そのメニュー内容は筋トレとランニングというシンプルなやつ。
筋トレについては『プリズナートレーニング』という本の内容にまんま従ってみようかと。

っていうのも、ライザップが流行るよりずっと前に僕もジム通いしてたんですけど、3ヶ月もすると段々と関節痛っぽい症状が出てくるんですよ。
半年目にはなかなかの腰痛になっちゃって、「まぁ見た目的にも随分変わったし、もういいかな〜」ってので辞めたんですが。
当時は「やっぱり元々のカラダのデキが違うのかな・・・」とか悲観的になったりしたんですけどネ。
でも、この本を見てその理由が分かりました。
単に当時ジムで教えられた方法論が少し間違ってた模様。
/(^o^)\

また、趣味にしていたロードバイクは一旦中止してランニングに切り替えます。
ロードバイク自体はスピード感もあるしカスタムもできて趣味としては非常に楽しいんですけど、やっぱり運動が偏ってる気がして。
しばらくは全身運動のランニングに専念。

この本によるとプロテインも不要と書いてあるんですが、まぁ僕は飲みますw
さすがにプロテインについては、科学的にも間違ってないと思うし。
過剰摂取は問題あるっぽいけどネ。

ということで、長丁場になりそうだけど頑張りまっする。

おしまい