ubuntu

【Ubuntu】Ryzen5 2400Gマシンを安定化させる方法

2ヶ月に1回くらいの頻度でフリーズしてたんですよ。
なんとも中途半端な・・・・。
(´・ω・`)

昨年末に組んだサーバー用途のマシンのことです。
ちょっとググってみると、やっぱり苦戦してる人が多かったみたいですね〜
Ryzen5 2400Gで起動しない人は結構いるそうです。
あの苦労は僕だけじゃなかった模様。
とはいえ、それなりに安定して動いてくれてた僕のマシンには感謝。

今回はこのPCをさらに安定化するべく、LinuxカーネルとマザーボードのBIOSの2つを更新しよう!という話(手順書)です。


Linuxカーネルをバージョンアップする

Linuxカーネルを選定

今日時点でのLinuxカーネルの最新バージョンはver5.2.8(stable)です。
今までver4.15を使っていて、さほど問題なく動いてたから気にしてなかったんだけど、どうやらver4.18でAMD APUのテコ入れが入ってたんですね。

ということで、ver4.18以上のカーネルを使いましょう。
また、ver5.28はstable表記なんで特別気にしなくてもいいとは思うんですけど、わざわざLTSバージョンのUbuntuを選んでる僕としては可能であればカーネルも同様にしたいところです。
ということで、今回はlongtermのなかの1番新しいver4.19.66をチョイス。

なお、最新のカーネル情報はLinux Kernel Archivesというところで確認できます。

参考リンク

Linux Kernel Archives

UKUUを使ってLinuxカーネルを簡単インストール!

UKUUっていう便利なソフトがあります。
今回はこれを使います。

UKUU 起動時

下部のペンギンの隣にある、Runningのすぐ横に書いてある数値が現在のカーネルのバージョンですね。

UKUUのインストール

sudo add-apt-repository ppa:teejee2008/ppa
sudo apt update
sudo apt install ukuu

目的のカーネルをインストールする

ukuu-gtk

このコマンドで起動です。
起動直後はインデックス情報のダウンロードが入るんで数分待ちます。
すぐにPaidVersionがどうたらのダイアログが入るけれど、これはOKでスルー。
目的のカーネルを探してインストールボタンをクリックして、あとは待ちましょう。
勝手にやってくれます。
「Close window to exit…」と表記されたら完了です。
Closeしてリブート。

もしこれでおかしくなった場合は、ブート時のGRUBメニューで「Advanced Boot Options」から元のカーネルを選択することで、一時的に戻せます。
その後はUKUUで削除すれば元通り。

【番外編】UKUUのNotificationについて

UKUUにはNotification機能がついてるんで、インストール後からデスクトップ画面に新しいバージョンにアップデートしませんかと通知されるようになります。
僕みたいに最新版を選んでない場合は、何回も表示されるようになるんで、settingsボタンからNotificationのチェックボックスを全部はずした方が良さそうです。

UKUU 設定

マザーボードのBIOSをバージョンアップする

マザボに関してはメーカごとにやり方が異なってるんで、こっちはググってみてください。
僕なんかよりもずっと分かりやすく書いてる人がイッパイいるんでw

ちなみに僕はASUSなんで、BIOS画面から入れる『EZ Flash3』のネット経由の方法でやりましたヨ。
年末時にやった時は更新後にOSが立ち上がらなくなって困っちゃったんだけど、今回はカーネルのバージョンアップが効いたのか、バッチリ!

OSが立ち上がらなくなった時はダウングレードという手段があるんで、元のBIOSナンバーを覚えておいたほうが良いですよ。
その場合はUSB経由の方法しかないんで(ネット経由は常に最新版になるため)、マザボの公式からBIOS拾ってきてやりましょう。

おしまい

Scroll to Top