wordpress_rocket

WordPressおすすめプラグイン一覧 on wpXクラウド

wpxクラウドで現在を含めこれまでに使用してきたプラグインについてまとめてみました。
当ブログではプラグインに関しては処理の軽さを重視して選んではいるものの、中には重いものも混ざってます。
やっぱりどうしても使わざるを得ないというプラグインってのはありますよね。


記事内のデザインに関するプラグイン

Easy Table of Contents

記事に目次を挿入するプラグイン。
有名なTable of Cpntents Plusからフォークされたプラグイン。
Table of Contents Plusはメンテが2年前からされてなかったので代替品を探したら発見。
機能性が向上してて普通に使いやすいです。

Pz-LinkCard

はてぶカードっぽく、リンクをカード式に表示できる。
ただし、動作が重め。
当ブログでは現在使用停止中。

記事一覧に関するプラグイン

Simple GA Ranking

Googleアナリティクスのランキング情報を使った人気記事作成プラグイン。
人気のWordPress Popular Postと比べると、こっちはグーグルの情報にアクセスするだけなので動作が軽いです。

Recent Posts Widget With Thumbnails

新着記事作成プラグイン。
標準装備の新着記事ウィジェットとは違ってサムネイル画像が表示できる。
類似のRecentPostsWidgetExtendeほどの自由度はないけれど、より簡単に扱えるのがメリット。

Similar Posts

関連記事のプラグイン。
日本語に標準対応していてアルゴリズムがGoogleのページランクを利用したTextRankというものが使える。

海外のデータによると読み出し速度はかなり速い模様。
自分でCSSで装飾する必要があるので若干面倒か。


SEOに関するプラグイン

All in one seo pack

競合のYoast SEOの方が評判がいいけれど、多機能さが全面に出すぎていて個人的にはコッチのほうが良かった。
テーマによってはSEO対策が完備されてるものもあるので、その場合は不要。

PuSHPress

記事を投稿すると自動でGoogleやBingのクローラーを呼び出して、すぐにインデックスを貼ってもらえるようにできる。

WordPress Ping Optimizer

記事の更新時にも上記のようにクローラーの呼び出しが起きるのだけど、あまり高頻度に呼び出しするとスパム認定されるらしく、このプラグインはそれを防いでくれる。

パフォーマンス改善に関するプラグイン

Autoptimize

JSやCSSなどをまとめて最適化し、ページのロードを速くしてくれる。

WP-Optimize

データベースに溜まったゴミデータをきれいにしてくれる。

ShortPixel Image Optimizer

有料の画像圧縮プラグイン。
EWWWという超有名なプラグインがあるけれど、EWWWの無料版はロスレス圧縮ゆえあまり圧縮されない仕様になってます。
なので、おそらくだがEWWWのメインターゲットはきれいな画像を載せたい写真家とかそういった層をターゲットにしてると思われる。
でもザクピカでは画像については正直オマケみたいな存在なので、ガッツリ圧縮しちゃいたいところ。
しかも手間暇かけずに。

このShortPixelはEWWWと同様に自動で圧縮してくれて、1万枚で1000円程とEWWWの有料版と比べてもかなり安い。
既に1年以上使用しているけれど、統計情報によると残り約6,000枚残っています。
これまでの圧縮率については平均69%ほどで、かなり満足してます。

エディタに関するプラグイン

Classic Editor

Gutenberg以前のエディタに戻してくれるWordPress純正のプラグイン。

JP Markdown

これがないとMarkdownで書いた文章が正しく反映されない。

その他

WP Multibyte Patch

必須プラグイン。
これがないとプログラム内で日本語を正しく扱えない模様。

Broken Link Checker

アップ記事にリンク切れがあったら通知してくれる。
重くなるという話もあって一時は使うか悩んだものの、YouTube等の動画のリンク切れにも対応してる点を考えると、やはり必須な気がしてます。


その他、セキュリティ対策系のプラグインが数個ほど入ってます。